2011-04-18 19:55 | カテゴリ:PRIVATE☆
先週末、ガスが開栓との連絡を受けて、
ライフラインすべて復活しました。

スーパーに並んでいなかった牛乳やチーズも
今は購入できますし、スタンドに並んでいる車も
もうありません。
あのこと(ガソリンがなかったこと)は夢だったのではないかというくらい、
今は普通の生活に戻っています。

幸せなことです。

震災後、何かしなくちゃと思い、早いうちに何かしないと
気持ちが薄れてしまうと思い、先日3月11日の売上を寄付しました。
売上すべて・・・といっても個人サロンなのでたいした金額ではありません。
落ち着いてくると自分の生活のことも考えます。
ですので、気持ちが揺るがないうちに寄付をすませました。

寄付先も自分なりに調べ、自分が応援したいところに早く届くようにと
かき復興支援プロジェクトに寄付しました。
被災者の方は、与えられるだけの生活ではなく、早く働きたいと
思っているはずです。
人間は社会と関わる(働く)ことが、生きがいだと思うから。

私は車が運転できないし、料理も苦手だし、何より気が利かない。
だから、ボランティアに行ってもきっと足でまといになるでしょう。

だから、自分の技術を使った支援を行って行きたいと
思っています。




あとは・・・





プライベート記事なので、思っていることを素直に書きたいと思いますが、
ラジオへの投稿で、「本当に何かしたいと思っているけど、
何もできないから今の私はこの子(自分の子)
を守っていこうと思います」
みたいなのを耳にします。

本当に何かしたいなら、すればいいじゃない?とか思ってしまいます。
普通の生活できてるのなら、1000円とかだって寄付できるよね?
子供を守るなんて、震災関係なしにするものだと思うし。
できないならしたいなんてわざわざ言うなよと。
辛口になってしまいすみません。

フリーペーパーで見た記事でも、震災のショッキングな映像(津波とか)
は、見ないほうがいいとか、自分も被災者なんだから支援できない自分を責めないように
とかいろいろありましたが、そうなのかな??って思います。
確かにショックな映像かもしれませんが、全くTVで流れなかったら
全然状況がわからないですよね。
痛みを分かち合うことは必要だと思います。

痛みがわかるのは、被災地にいる私たちだと思うから
被害が少ない人が多い人に支援すればいいと思う。

確かに、楽しい事を考えていればその通りになったり、
負のエネルギーをよせつけないようにとか
普段はテンションを上げるために言われていることだけど
今回はそう割り切れないですね。


私は厳しいから、カウンセラーにはなれないんだろうなぁ…
関連記事